LINEで送る
Pocket

summercamp
こんにちは。アカツキ広報です!
プロダクトづくりに日々没頭していると、目の前の仕事に追われ、「緊急ではないが重要」なタスクが後回しにされがちになります。

そこで長期的なこと、意義や本質の議論、チーム作り(チーム内、チーム外含め)などの「緊急ではないが重要」なことについて全社で集中的に考えられる場を半年に1回設けています。
image4
直接仕事では関わりが少ないメンバーとの親睦を深めるのも、より良い組織を作る重要な機会と捉え、合宿という形でコミュニケーションを活性化させる施策を色々と行なっています。アカツキテラスを通じて、多くの方にアカツキの事を知ってもらえると嬉しいです!

※以前の合宿レポートについては、
「緊急でないが重要な事に全社で向き合う」アカツキの合宿(前編)
宴会やレクを通じ、組織のつながりを深める アカツキの合宿(後編)
「アカツキらしさ」について向き合い、「自分らしさ」を爆発させる。アカツキの冬合宿
をご覧ください。

それでは早速レポートさせていただきます!

 

午前『メンバー理解を深める』

今回の会場は、横浜にあるホテルの一室で行われました。
会場に着くとすでに、ほとんどのメンバーが集まっています。

毎回参加するたびに、会社の成長と共に組織が大きくなっていることを実感します。
今回の合宿の参加人数は、なんと180人弱!!!!

会場準備や合宿のスケジュール調整など人数が増すごとにハードルが高くなっているそうです。
image1メンバーも揃ったところで、開会式が行われます。

最近リリースされた『ハチナイ(https://hachinai.com/)』『Wowful(https://wowful.com/)』のプロジェクトマネージャーが二人揃って「全力で合宿に望みます!」と声高らかに宣誓。

今回の座席配置も前回行なった合宿(https://blog.aktsk.jp/app/2295/)と同様、新旧メンバーを混ぜた1チームを作る事で普段交流することが少ないメンバーとも交流できる機会を設けています。

今回は、「1.研修」「2.懇親会」の2部構成にて合宿を行いました。

午前中は、お互いの相互理解にフォーカス。
<青春プレイバック>などプロダクトとリンクするテーマを設け「学生時代・前職に魂を込めた事」「アカツキに来た理由とアカツキでの魂を込めた事」について個人でシートに書き出した後に、同じテーブル内のメンバーと共有します。

学生時代は野球に打ち込んでましたや、実は前職は全く違う業界で働いていましたなど普段知ることができないメンバーのことを知る事ができ、チームメンバーが徐々に打ち解けていきます。

▼「アカツキに来た理由とアカツキでの魂を込めた事」を共有する場面では、旧メンバーが熱く語る場面も。
image7

アカツキで行われている合宿では、共同創業者の塩田・香田など役員陣もメンバーのテーブルに混じり同じワークを行います。役員陣が学生時代や創業前に魂を込めた事を聞けるチャンスに、役員陣と同じテーブルのチームメンバーは、話に耳を傾けます。
image3午前中のワークはここまで。昼休憩を挟み、午後のワークがスタートします。

 

 

午後「やんちゃな目標にワクワクし魂を込める」

午後のワークは「会社が定めている目標」にフォーカスしながら研修が進められます。
まずは、代表の塩田からこれまでのアカツキとこれから目指すアカツキについてプレゼンが行われます。
image2創業当初に行っていた合宿の様子、当時目指していた未来像についてメンバーが語っている動画もスクリーンを使って公開され、動画に登場するメンバーから過去の「合宿の内容」「プロダクト制作秘話」「未来に向けた投資が今、どう身を結んでいるか」などについてお話いただきました。

アカツキのメンバーは半分以上が入社1年未満のメンバーです。
新メンバーには、どのように会社が成長し、これからどこを目指すのかを理解する貴重な機会になったはずです。

組織の過去と未来への理解を深めた後は、未来のアカツキがどうなっているかを考えるワークです。お題は、「2020年にアカツキが経済誌の一面を飾ります。その掲載された内容はなんですか?また、あなたがそれにどう貢献したか教えてください」というものです。

未来の経済誌に掲載されるトピックを考え、共有しフィードバックをもらい自身のアイディアを膨らませます。全てのメンバーのアイディアがブラッシュアップされたところで、品評会が行われます。品評会では、星のシールが一人5枚配布され、気に入ったアイディアにシールを貼っていきます。
image6品評会終了後は、星のシールを10枚以上集めたメンバーが前に出て、自分のアイディアについてプレゼンします。
image5登壇したメンバーのアイディアには、既存のゲームがより広く受け入れられるような話はもちろん「ハチナイが、実際に女子野球リーグを設立、頑張る女子選手を支援」「Wowfulが宇宙旅行を提供開始」「アカツキランド設立」「国民幸福度の向上に寄与、Happy Company Award受賞」などがあげられました。(※これらは社の決定ではなく、メンバーの描く未来の一例となります。)

選ばれたメンバー全員プレゼン発表が終わったところで今回の合宿での研修は終了になります。参加メンバー全員での集合写真を撮影し、懇親会へ向かい今回の合宿は幕を閉じました。
image8今回の合宿は「やんちゃな目標にワクワクし、魂を込める」ということをテーマに実施。

メンバーが発表した「2020年のアカツキ」の記事の中には、一見、今のアカツキからは夢物語のように見えるものも多くあります。しかしアカツキでは、マンションの一室で数人だった時代から、「数百万人が楽しむゲームを作る」「海外に拠点を作る」など、夢物語のような話を声高らかに飛び交わせ、その一つ一つを実現させてきました。メンバーが青臭く、「やんちゃな目標」を掲げワクワクし、「魂を込めて」コミットすることは、アカツキの成長の源泉になっています。

今回180名のメンバーそれぞれが描いた2020年の夢物語に向けて、今一度やんちゃな目標にワクワクし魂を込めることが、この一年を大きく変えるきっかけになれば、という思いからこの度の合宿を開催しました。

こういった中長期的なことに向けた投資の積み重ねが、より良いものづくりを行えるチームに発展し、ひいては事業力につながってくる。そう信じ、アカツキでは合宿を定期開催しております。

今後の合宿についても引き続きレポートさせていただきます!

一緒にやんちゃな目標にワクワクし、魂を込めてモノづくりをしてくれる仲間を募集中です!
新卒の方 https://aktsk.jp/recruit/new_recruit2018/
中途の方 https://aktsk.jp/recruit/category/

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます


メンバー募集中!
最高のチームで最高のものづくりを。アカツキは、一緒に世界を変えていく仲間を募集しています。募集情報については下記をご覧ください。
http://aktsk.jp/recruit/

LINEで送る
Pocket