35人の“ NEW SHINES ”がアカツキへ!

2018年、この春もアカツキは新入社員を迎えることができました。

株式会社アカツキに32人、株式会社アカツキライブエンターテインメントに3人、合計35人の素晴らしいメンバーたちが仲間入りです!

迎える私たちもワクワクしながら迎えた4月2日の朝、東京の本社Shine Loungeには、この日のために準備された満開の桜(なんと本物の桜です!)が天井を飾り、ラウンジは祝賀ムードいっぱいに。

 

式が始まると、新入社員たちは、メンバーが左右を囲むように立つ花道を緊張の面持ちで入場。大きな拍手で迎えられました。

今年の新卒歓迎テーマは「NEW SHINES(ニュー・シャインズ)」。35人の新人を、輝けるNEW SHINESとして大歓迎!

この言葉には、新入社員に限らず、アカツキのメンバー一人ひとりの毎日がいつもNEW=新鮮で、SHINE=明るく自分らしく輝けるように、という思いも込められています。

また、ゲーム事業に加えリアルや融合領域への事業展開を図り、新しい世界への航海真っ只中であるアカツキの未来が輝かしいものであるように、という希望を込めたテーマでもあります。

こちらも毎年恒例の1人30秒ずつの自己紹介では、それぞれの抱負を聞かせてくれました。

印象的だったのは「アカツキのビジョンに共感して入社した」ということを自分の言葉で語ってくれる新人たちの多さ。「どこの会社にも哲学はあるが、アカツキではそれが実際の現場に根付いているところにひかれて入社した」と熱っぽく語ってくれた人もいました。入社前からそんなところを感じ取ってもらえていたことに、私たちもうれしさひとしおです。

アカツキの哲学は、絵に描いた餅ではなくしっかり現場に根付いていることを知って共感したと語った新人。

すごく緊張していたはず。でも、一人ひとりが自分らしい言葉でアカツキで働く決意や希望を語ってくれました。

笑顔を浮かべて新人の自己紹介を聞くメンバーたち。

入社式では新入社員には椅子に着席してもらい、メンバーたちはいつもの朝会と同じようにカーペットに座っての列席。ちょっと不思議な光景でしょうか?翌日の朝会からは新人の皆さんもこのスタイルに。まずはアカツキらしいスタイルでお迎えして、いつものリラックスした雰囲気を感じてもらいます。

共同創業者の塩田、香田からの祝辞にも堅苦しさはなく、いつもの「げんちゃん、てっちゃんモード」の自然な語りかけ。大企業のビシッとした入社式もカッコいいものですが、この堅苦しさゼロ、歓迎ムード100%の入社式、アカツキとして誇りたいところです。

代表の塩田からは「自分らしさ爆発で自分らしく輝こう。自分を“ 輝かせたい!”という心を持って。俺たちも負けずに輝くよ。アカツキのグループみんなで輝こう!礼儀も大切だけど、今日からみんな仲間だから変な遠慮はせずにいこう。一緒に夢を追って頑張ろう!」と元規印のメッセージが贈られました。

取締役の香田からは「これからの自分にめちゃくちゃ期待しよう。色々なことがあるだろうけれど、何ごともポジティブに受け止めていこう。そして、長く働いていく上で何より大事なのは、心と体のコンディション。社会人として、自分の状態をよく見つめ、整えながら元気に頑張っていこう!」と話がありました。日頃から心身のバランス整えることの大切さをまっすぐ伝えたメッセージには、いつも社員の幸せを(かなりマジメに)考えている香田らしさが感じられる温かい内容でした。

なんと、新入社員から入社初日にサプライズプレゼントが!

式が締めに入るところで、なんと全社員へ新人たちが制作した「18新卒プロフィールブック」のサプライズプレゼントが!これを見れば、いつでも新人一人ひとりの顔と名前、好きなものまでわかるという、早く新人の顔と名前を覚えたい私たちにとって、とても実用的なアイテムです。何より、入社前から密かに準備してくれていたことに驚きです。新人たちが既にアカツキらしいマインドを持って入社してきてくれたことに、感激してしまう素晴らしいサプライズでした。

そして夜の懇親会、今度は先輩社員からサプライズが!

昼の研修を終え、夜は再びShine Loungeで歓迎の懇親会が開かれました。乾杯の後は和やかに新人と先輩、上司たちが美味しい料理とお酒を囲みながら談笑しました。

懇親会のハイライトは、1年先輩にあたる17卒のメンバーが練りに練って準備してきたリアルとデジタルを融合させたパフォーマンス。同期3人組が、18卒を迎えるために「グラフィックポイ(LEDポイ)」に挑戦。ポイラボの名プレイヤー 、KiMさんの指導の元、必死の特訓を繰り返してきた彼らの本番やいかに?

17卒を代表して登場したのは、こちらの記事でご紹介した3人!指導してくれた「ポイラボ」のKiMさんと。

グラフィックポイは、従来のポイというジャグリングパフォーマンスにLEDの技術を組み合わせたものです。

さて、当日までにちゃんとマスターできたのかが気になるところですが、オープニングのビデオで今日までのプロセスを紹介。このビデオがテレビマン出身のメンバー渾身の内容で、編集、ナレーションからテロップまで本格的すぎて、3人の努力をより感動的に魅せてくれます。密かに重ねてきたという3人の特訓風景に会場の感動と期待が最高潮になったところでパフォーマンスがスタート!

わぁっ、きれい!不思議!

暗闇に舞うLEDの光がはとにかく幻想的!

交差する光にはウエルカムメッセージやアカツキのロゴ、なんとメンバー3人の顔もが華麗に浮かび上がります。美しいだけではなく、しっかりと笑いもとる3人のプレイに会場には拍手が鳴り響きました。

新入社員のみんな!見てくれ!これが俺たちの本気の歓迎だ!!

知恵と時間を捻出して17卒メンバーが全力で臨んだ本気の新人歓迎。みんなが入社してくれたことを本気で喜ぶメンバーたちの気持ち、照れずに本気で歓迎してる先輩たちの姿を見て、新入社員の皆さんそれぞれがどんな思いを持ったでしょう。


35人の皆さん、みんなでこの世界をもっともっとカラフルに塗り替えていきましょう!フレッシュなメンバーたちを迎え、アカツキの5年後、10年後がますます楽しみです。私たちはこれまで以上に元気いっぱい航海を続けていきます。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます


メンバー募集中!
最高のチームで最高のものづくりを。アカツキは、一緒に世界を変えていく仲間を募集しています。募集情報については下記をご覧ください。
http://aktsk.jp/recruit/


カテゴリー : EVENT