こんにちは!広報の安達です。
アカツキの卓球アクティビティ『PONG!PONG!』がサウス・バイ・サウスウエスト(以下SXSW)のアワードファイナリストに選出され、現地テキサスでの様子をレポートする全3回。

Part.1「サウスバイってなんぞや??編」、トレードショーやアワード受賞企業についてまとめたPart.2「現地レポート編」と続いてきましたが、最後はいよいよ「チームアカツキの舞台裏編」です!

日本から15時間。チームアカツキがフライトで到着したのは、SXSWが開催されているテキサス州オースティン。

3月のオースティンは、最高気温20度前後、最低気温10度前後と、わたしが抱いていたテキサスのイメージよりも肌寒い日が多かったのですが、到着した日は30度超えの夏日で、私が滞在した5日間は毎日晴れており、気持ちの良いお天気でした。

 

アカツキが今回ノミネートしたのは、SXSWのメインイベントの一つ、『Interactive Innovation Awards』というアワード。
このアワードは、SXSWが選ぶ、”この年世界でもっともエキサイティングだと評価される技術開発に対して贈られる賞”です。数百を超える応募がある中で、13の部門で各5つの施策をファイナリストとして選出します。今回、アカツキはAI & MACHINE LEARNING部門でノミネートしました。

ノミネートしたファイナリストは、SXSWの会場に1日限定のブースを出す権利が与えられ、審査員や一般人の投票により最終的な受賞者を決定します。
アワードのファイナリストが受賞するためには、この1日限定のブースでのプレゼンテーションが重要になるわけですが、なんと、ファイナリストの展示ブースは2畳ほどの限られたスペースのみ。『PONG!PONG!』の卓球台を置くスペースがない⁉

そこで、この狭いスペースにも置けるミニ卓球台で勝負することになりました。ミニ卓球台ではゲーム画面が小さくなるため、『PONG!PONG!』で投影するブロックを大きくするなど、プログラムも急遽ミニ卓球台仕様に変更する必要がありました。

また、展示できるのはたったの1日であるだけでなく、設営時間もたったの1時間程度という、非常にタイトなスケジュール。当日設営がうまくいかない、カメラや機材が正常に機能しないことも考え、チームアカツキはオースティンについて早々、ホテルの一室に集まって設営準備をしました。

長いフライトと時差ボケで疲れ切っている中作業するメンバー

骨組み完成ではしゃぐセールスの白木さん

長いフライトにより機材が冷え切っていたためか、最初はうまく動作しなかったりと、メンバーはハラハラしながら何度も動作確認を行いました。ミニ卓球台といっても結構重いのですが、運搬による動作不良のリスク回避のため、当日はこれを人力で運ぶという裏技を使いました(笑)。

設営準備の合間には、「テキサスっぽいお肉をたべて精をつけよう」ということで近くのレストランに。ブラジル料理であるシュラスコを大変美味しくいただきました。

疲れでちょっとむくんでいるリーダーの佐藤さん

プランナーの三角さん

写真では一番のベテランに見える三角さんは、実はまだ新卒2年目。彼とはフライトの間ずっと隣同士で過ごしたのですが、私が寝て起きると、いつも同じ映画を見ていました。聞くと、シーン毎に何度も繰り返して見ていたとのこと。
三角さんはもともとゲームプランナーで、現在は『PONG!PONG!』をはじめとした様々なサービスのプランナーとして活躍しているのですが、映画の飽きさせない工夫などを何度も見ることで学んでいたそうです。

三角「○○秒毎に一度、必ず印象的なシーンがくるんですよ、ちょっとした工夫に思えますが、飽きずに惹きつけられる仕掛けです」

私は「三角さん、この映画相当好きなんだなあ」と思ってのんびり寝ていたことがお恥ずかしい。プランナーとして、人を惹きつけるものづくりのために、日々勉強なのですね。

 

さて、SXSWのブース展示の当日になりました。
前日の入念な準備の甲斐あって、スムーズに設営が完了!

今回、『PONG!PONG!』はグローバル対応で『eBALLution』 というネーミングにしました。

 

『PONG!PONG!』は、卓球台にプロジェクションマッピングされたブロックを、リアルのピンポンボールを当てて破壊し点数を競い合うゲームです。

「Ath-Tech Lab」さんのトラッキングシステムでボールの動きを観測しているのですが、ブロックに当たったと同時に破壊のアクションを出すには0.1秒のズレが生じてしまい、ゲームがスムーズに感じられないという壁がありました。その壁を壊したのが天才プログラマーの柿崎さんです。なんと、ボールの軌道から0.1秒後の落下地点を予測して、ボールの落下と爆発のアクションを同時に発生させることに成功させました。

この技術が、SXSWのアワードにノミネートされた理由に大きく寄与しています。

米国にある子会社Akatsuki Entertainment USA, Inc.で活躍する鈴木さんも、流暢な英語でこの技術について説明します。

メディアの方もたくさんいらっしゃいました

ブースでのプレゼンテーションは好評だったのですが、結果として『PONG!PONG!』は惜しくもアワード受賞とはなりませんでした。
ですが、お客様や審査員の方のフィードバックをもらうことができ、多くの最新技術に触れたことで、たくさんの刺激をいただきました。

最終日の夜、チームアカツキでは「次はこうしたい」「もっと人を楽しませるサービスをつくりたい」と、受賞を逃した悔しい気持ちをバネにした熱い会話が飛び交いました。

私も広報の立場として、もっと彼らに貢献できるよう頑張らなければ、と胸が熱くなりました。

きっといつか、SXSWやさらに大きな舞台で『PONG!PONG!』の受賞コメントをする彼らの姿を皆さんにお伝えできる日が来ると、熱く語る彼らを見て確信しました。

今後もアカツキは、『PONG!PONG!』に限らず、最新テクノロジーやゲーミフィケーションを活用した新たなエンターテイメントを通して、心が動くワクワクする体験・感動するリアルな体験を届け、世界にワクワクとつながりをもたらす様々な事業を展開していきます。

 

乞うご期待ください!

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます


メンバー募集中!
最高のチームで最高のものづくりを。アカツキは、一緒に世界を変えていく仲間を募集しています。募集情報については下記をご覧ください。
http://aktsk.jp/recruit/


カテゴリー : EVENT